とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

2015年07月

前回の一時帰国の際に日本から運んできたもの、それは

大豆(ソイ)プロテイン3kg!

もちろん、このトトロのようなゆるふわ体型を変えるべく、ジム行って筋トレしてその後に飲む用に買ったんだけどさ、ほとんど飲まNEEEEEEEEEE!!! 味が嫌いなわけではないんだが、プロテインを飲む習慣がないもんだからわかっていてもなかなか飲まないんだな、だから一向に減らない。

仕方がないので「大豆プロテイン=粉」と考えることにしてとりあえず焼いてみようww

<材料>*直径16cmくらいの1枚分
大豆プロテイン/30g
全卵/1個
水/70cc
オリーブオイル、ニンニク、マヨネ、ソースなんぞ
IMG_6728
プロテインと卵と水をよく混ぜて、ダマになりやすいから本当によく混ぜて、ニンニクオリーブオイルで両面をよーく焼く。分厚いと特に中まで火が通りにくいようなので薄く焼いたがいいな。

IMG_6729
で、マヨネだかソースだかかけて喰ったら…
自分的には全然オケ!外はカリッ中はふわっで美味い!ニンニク使ったから大豆の嫌な臭いもまったくなし!

IMG_6730
 糖質制限のためにわざわざ大豆粉を別買いしよかと思うてたけど、この大豆プロテインで十分じゃん。もちろんコスト的には大豆粉のほうが安いけどね。あとカロリーや糖質カットのソースなんか使えばさらにヘルシーじゃない?

最後に、大豆プロテイン、大豆粉、きな粉の違いがよくわからんかったので以下に

大豆プロテイン…大豆から脂肪分や炭水化物を取り除いたもの。
大豆粉…生の大豆を粉にしたもの。
きな粉…煎った大豆を粉にしたもの。

さあ、次は何作ろっかな〜。


人気ブログランキングへ

<この記事は2015年4月時点の情報でふ>

キャンディのバスターミナルからバスに揺られて
うねうねの山道を2時間半、到着した高原避暑地ヌワラエリヤは国内旅行者でごった返す軽井沢wみたいなとこだった。しかもバスターミナルに到着する直前に、乗ったバスが乗用車と衝突しやがってもうてんやわんやw 誰も怪我していないし面倒は嫌だったので、うちらは衝突後すぐにバスを降りキャリー転がしながらホテルへ向かう。うん、この街は涼しくてとても気持ちがよいぞ。

今夜のお宿はHotel Treveneゆうイギリス植民地時代の築150年ゆう建物を使ったコロニアルホテル。ヌワラエリヤには、こうゆうコロニアルなホテルがたくさんあるんだが、どれもかなりお値段が張るので一番リーズナブルなここにしたゆうわけ。 
DSC01281
ホテルの門。門柱にちっさく「Trevene」としか書いてないので注意。ここがホテルだなんてわかんねえよ!

DSC01280
緩やかな坂道を上って行くと家庭菜園的な看板。

DSC01271
ホテル入口。お好きな方はここで座りしょんべんするレベルに興奮すると思う。

DSC01272
では中へ。

DSC01270
チェックインまでに少し時間があったので、リビングに通されウエルカムドリンクの紅茶をすすり待機。

DSC01275
部屋。築年数はかなり経っているが中はキレイ。広さもちょうど良く静かで快適。

DSC01276
バスルーム。バスタブがある部屋もあるらしい。

DSC01277
ホテル入口のかわいい朝食ルーム。

DSC01342
朝食。アメリカンスリランカスタイル?パパイヤジュース、バナナ、好きな卵料理、パン、バター、ジャム、紅茶。

DSC01344
ホテル前にはちっさなイングリッシュガーデンもあり、天気が良ければ外茶可能。

trevene
ホテルのそばに似たような名前のホテルがあって地図もなんか場所が変なんだけど、正確な場所はこの地図の通り。

スリランカ正月と時期がかぶったので1泊8000円くらいしたが、それ以外の時期は5000円くらいで泊まれるみたいだぞ。立地も良いし、リーズナブルにコロニアルホテル泊まりたい人はぜひ。

Hotel Trevene Nuwara Eliya
http://www.hoteltrevenenuwaraeliya.com 


人気ブログランキングへ

<この記事は2015年4月時点の情報でふ>

今日は列車で高原避暑地ヌワラエリヤへ向かうため、朝5時半にぶち起きて荷物まとめてフォート駅へ向かう。スリランカ出発前にあらかじめExpo Railという高級列車をオンラインで予約していたのだが、この列車は途中のキャンディまで。なんで直通列車買わなかったの?と聞かれたら、オンラインで予約できなかったんだよ!andスリランカ正月で列車が激混みで当日券なんてなかたんだよっ!とゆうわけ。

今回はスリランカ正月ぶち当たり旅行で、実家に帰省するスリランカ人で列車もバスも混み混みゆう話を聞いていたので、せめて途中のキャンディまではオンライン予約で確実に乗れる列車を予約し、キャンディからヌワラエリヤまではバスでなんとか行き当たりばったり行けるだろう、とゆう綿密なんだか雑なんだかの計画。

まあしかしこの列車、線路が悪いんだか車両が悪いんだかで
縦に揺れる揺れる!乗客のほとんどは外国人旅行者だったので、みんな苦笑いしながら「ドリフでもこんなんねえよっ!」とゆうようなことをそれぞれの国の言葉で言っていたに違いない。
DSC01211
フォート駅前のスナックバーで朝食用のお菓子パンをいろいろ買い込む。駅前なのでちと高い、ゆうても30円とかそんなんやが。

DSC01215
うちらの乗る列車はどれだどれだ?案内がないからわかんねんだよ!でも運行本数が少ないのですぐ見つかるw

DSC01218
エキスポレイル車内…窓にUVカットシート貼ってるみたいで車内がほんのり薄紫色で暗いんだよ!旅情出してくれよ!でもシートはなかなか快適。

DSC01219
さっき駅で買ったパンを食べよう。カレー味の揚げ春巻き、カレー味の三角揚げ春巻き、メロンパンにそっくりなメロンパンの味のするメロンパン。健康のために飲むヨーグルトもな。

DSC01239
ちょっとデッキまでお散歩。世界の車窓からみたく天気が良ければ非常に写真映えするが雨だったら最悪だな。列車の縦揺れに合わせて自分も揺れながらなんとか撮った写真。

DSC01222
ドリフみたいな縦揺れの中、細身のイケメンお兄ちゃんたちが食事を運んできてくれた。

DSC01223
正体不明の肉ペーストが挟まったサンドウィッチ、カレー味のパイ、高密度バナナケーキに水。あと希望すれば熱い紅茶がもらえる、列車の揺れがひどいのでオススメはしないがw

DSC01242
ヒマなのでデッキから写真撮り。写真では分かりづらいが、あり得ない縦揺れで子どもの2.3人外に投げ出されるんじゃないかレベル。

DSC01231
縦揺れはひどいものの風景はのんびり。

DSC01253
 意外にも定刻にキャンディ駅へ到着!火傷しそうなくらいの強烈な日射しだん。

さあ、これからバスに乗り換えて高原避暑地ヌワラエリヤへ! 



人気ブログランキングへ

<この記事は2015年4月時点の情報でふ>

コロンボのホテルで無事に友人と合流できたので早速夕飯へお出かけ。もちろん再会を祝しての乾杯をしにな!うちら二人かなりの飲み助なんだものウフフ。

…ところが
本日、年に一回のスリランカ正月まっただ中。

「お酒の販売および提供は一切いたしません(キッパリ)」

え?あなたなにゆってんの?え?え?? 

近所のホテル内のレストランに聞いてまわってもどこも同じ返事。

しかも今日は俺の誕生日!祝いの日に酒が飲めないなんて!なんとゆうこと!

しかたがないのでトボトボしょぼくれて歩いていたけどいつまで歩いても腹が減るだけなのでとにかく飯だけでも喰おう、ゆうわけで一応チェックしていたレストランへGoゴゴー。 

着いたのはグランド・オリエンタル・ホテルゆう1875年創業のいわゆるコロニアルホテル。きちんとしかるべき改装をしていないおかげで、部屋はかなりアレらしいが1泊1万円以下でコロニアルが楽しめちゃうとゆうお好きな方には穴場ホテル。 今回はここのハーバー・ルームゆうレストランで酒抜き夕飯だ!

DSC01199
店内がクラシカルな雰囲気ならお客さんもクラシカルな欧米人夫婦ばかりで、でも値段が安いのでうちらでも気軽に行けた。席につくといきなし港ビュー。

DSC01195
前菜はシーフード刻んでオーロラソースで和えたようなサラダ、美味し。ちなみに使われている食器類はすべてホテルオリジナルであんまり素敵なんで思わずパクろうかと思うた。

DSC01196
メインにはチキンコルドンブルー、ってこんなんだっけ?でも味良し。酒がないので飲み物はEGB(スリランカの甘いジンジャービール)www

DSC01200
ホテルのロビー。古くてこじんまりしているけどお好きな方にはたまらない。

DSC01201
いたるところの何喰わぬものがいちいちお好きな方にたまらない。

DSC01204
ホテル外観。本当はここのB52ゆうバーで飲みたかったんだけどな、次回訪コロンボ時だな!

Grand Oriental Hotel
#02, York Street, Colombo 01, Sri Lanka
http://www.grandoriental.com/


人気ブログランキングへ

せ、先週末から始めた断食…今日やっと終わった…。
結果は、72時間で3.7kg減!よっしゃ!
IMG_6687
早速カツカレーで生ビール〜!

と、いきたいところなんだが、3日間ほとんど働いていない胃腸にいきなし脂や肉を突っ込むと胃がビックリしてしてまう。

なので、断食時間と同じ長さの時間を「回復期間」として過ごさねばならんのよ。今回は72時間断食だったので、回復期間も同じ72時間。

具体的には、重湯やお粥といった胃に優しいものを少しずつ食べていって胃を慣れさせるゆうこと。
IMG_6716
断食明け初の食事は、玄米の重湯に岩塩と柚子をのせて。
これがさあ、すっごい美味いわけですよ!

IMG_6717
玄米のお粥に具無しの柚子だけ入り味噌汁。
美味い!でも早速飽きてきた…。

実は、この回復期間が断食中よりもけっこうキツかったりするんよ。だって胃は少しずつ「ちょうだい!早くちょうだい!もっと欲しいの!」ってゆうのに、胃に優しいマイルドなものを少しずつしか食べられないんだもの。

まあでもそれも今週で終わりだ!今週末は呑むぞ!あ、ちょっとは運動もするw


人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ