こんにちは、とも先生です。

10月19日からバンコクで開幕した現代美術の国際展覧会「バンコク・アート・ビエンナーレ2018/Bangkok Art Biennale(BAB)」。

ここでは、14番目の展示会場であるセントラル・ワールド/Central World」の訪問レポートをお届けします。

【訪問日】
2018年10月24日(水)
BlogPaint
↑中心部の大型ショッピングセンターであるセントラル・ワールド。旅行でバンコクを訪れる方も一度は足を運ぶかと思います。

BlogPaint
↑1階から中へ入るといきなり解説サインが。目立つからすぐに分かるよ。

BlogPaint
↑ここで記念写真を撮るタイ人がたくさん。

BlogPaint
↑館内の吹き抜けへやって来ました〜っと、もうすぐ真上に作品が!

草間彌生/Yayoi Kusama, Japan
’14 Pumpkins’ 2017
inflatable Pumpkins, fabric, 14 pieces
Collection of the Artist

BlogPaint
↑14個のカボチャさんたちが吹き抜けを満たすかのように存在しています。

BlogPaint
↑下から見上げるだけでは楽しくないのでエスカレーターで上へ上って行きましょう。エスカレーターも草間彌生仕様。

BlogPaint
↑カボチャさんたちの底面部。

BlogPaint
↑ところどころに大型モニターが設置され映像が流されています。

BlogPaint
↑エスカレーターで徐々に上がって行くとカボチャの大きさが段々と分かってきます…デカいの!

BlogPaint
↑この作品は、エスカレーターで移動しながら、いろいろな角度から見るのが楽しいですね。

BlogPaint
↑そして吹き抜けの一番上までやってきたので、今度はカボチャさんたちを見下ろします。

とも先生は高所恐怖症なのでこの写真が限度。ここ、手すりが低くてめっちゃ怖い(涙)

BlogPaint
↑最上階から見るカボチャさんたち。

見る場所によってその表情を変えるカボチャさんたち。ぜひエスカレーターを使っていろいろな角度から堪能してくださいね☆

【バンコク・アート・ビエンナーレ2018展示会場 / BAB Venues】
01_タイ中央銀行学習センター/Bank of Thailand Learning Center(BOT)
02_ワット・アルン/Wat Arun Ratchawararam Ratchawaramahawihan
03_ワット・ポー/Wat Phra Chetuphon Vimolmangklararm Rajwaramahaviharn
04_Wat Prayurawongsawas Waraviharn
05_O.P.プレイス/O. P. Place
06_ザ・ペニンシュラ・バンコク/The Peninsula Bangkok
07_マンダリン・オリエンタル・バンコク/Mandarin Oriental, Bangkok
08_イースト・アジアティック・カンパニー跡/The East Asiatic Company
09_バンコク・アート&カルチャーセンター/Bangkok Art and Culture Centre(BACC)
10_サイアム・スクウェアワン/Siam Square One
11_サイアム・ディスカバリー/Siam Discovery
12_サイアム・センター/Siam Center
13_サイアム・パラゴン/Siam Paragon
14_セントラル・ワールド/Central World
15_セントラル・エンバシー/Central Embassy
16_ナイラートパーク・ヘリテージホーム/Nai Lert Park Heritage Home
17_アリアンス・フランセ・バンコク/Alliance Francaise Bangkok
18_ワン・バンコク/ONE BANGKOK
19_ザ・エムクオーティエ/The EmQuartier
20_Theatre of Indulgence Gallery, By Lotus Arts de Vivre


【開催日程】
2018年10月19日〜2019年2月3日

【開館・展示時間】
毎日10:00-22:00

【アクセス/行き方】
BTSチットロム駅から約600m。セントラル・ワールド内の吹き抜け。

【入場料】
無料

【その他】
特に無し。

【問い合わせ】
URL: http://www.bkkartbiennale.com/
E-Mail: : info@bkkartbiennale.com
TEL:
+66 02-785-5555(月〜金の9:00-17:00)