こんにちは、とも先生です。

10月19日からバンコクで開幕した現代美術の国際展覧会「バンコク・アート・ビエンナーレ2018/Bangkok Art Biennale(BAB)」。

ここでは、16番目の展示会場である「ナイラートパーク・ヘリテイジホーム/Nai Lert Park Heritage Home」の訪問レポートをお届けします。

【訪問日】
2018年10月24日(水)
BlogPaint
↑ここは以前「スイスホテル」という高級ホテルのあった場所で、現在は富裕層向けクリニックやレストラン、高級ウエディング会場として機能しているみたい。

BlogPaint
↑なんか…入口がどこなのか全然わからないよ…一応サインがあるので進んでみよう。

BlogPaint
↑近くの警備員さんに翻訳アプリで訊いてみたらどうやらここが入口とのこと…入口に資材が置きっぱなしで工事車両が頻繁に行き来してるんですけど!

BlogPaint
↑しかもビエンナーレ会場なのに立ち入り禁止ってどういうこと?!w

でも警備員さんにビエンナーレの作品写真を見せたところ「おお!これな!中にあるで!」と、中へ案内してくれました。ビエンナーレ関係者はこの会場にはいないのかな…。

BlogPaint
↑あ、アレ!芝生の美しい庭園の中にドンと!ドンと!そそり立っています!

BlogPaint
↑奈良美智氏の作品‘Miss Forest / Thinker’は、ふわふわのホイップクリームで作ったタワーのよう。これは少し上から見下ろした写真。

Yoshitomo Nara/奈良 美智, Japan
‘Miss Forest / Thinker’ 2016
urethane on bronze
500.4 x 139.7 x 158.8 cm.
Collection of PACE Gallery, New York

BlogPaint
↑これは少し下から見上げた写真。夜更かしがバレないように寝たふりをしている少女の顔みたい。

BlogPaint
↑写真ではわかりにくいのですが、高さ5mのかなり大きな作品なのでぜひ自分の目で確かめてくださいね。

この会場なのですが、ビエンナーレ開催日に間に合わなかったのかなんなのか…正式な入口がどこで開場時間が何時から何時までで園内を勝手に歩き回ってもいいのかダメなのかなど…まったくもって詳細がわかりませんでした…w

ビエンナーレ公式サイトによると、ここには奈良美智氏の作品の他、韓国のChoi Jeong Hwa氏の「Stoopas」という作品もあるらしいのですが結局見つけられなかったよ(涙)。いずれ再訪します。

【バンコク・アート・ビエンナーレ2018展示会場 / BAB Venues】
01_タイ中央銀行学習センター/Bank of Thailand Learning Center(BOT)
02_ワット・アルン/Wat Arun Ratchawararam Ratchawaramahawihan
03_ワット・ポー/Wat Phra Chetuphon Vimolmangklararm Rajwaramahaviharn
04_Wat Prayurawongsawas Waraviharn
05_O.P.プレイス/O. P. Place
06_ザ・ペニンシュラ・バンコク/The Peninsula Bangkok
07_マンダリン・オリエンタル・バンコク/Mandarin Oriental, Bangkok
08_イースト・アジアティック・カンパニー跡/The East Asiatic Company
09_バンコク・アート&カルチャーセンター/Bangkok Art and Culture Centre(BACC)
10_サイアム・スクウェアワン/Siam Square One
11_サイアム・ディスカバリー/Siam Discovery
12_サイアム・センター/Siam Center
13_サイアム・パラゴン/Siam Paragon
14_セントラル・ワールド/Central World
15_セントラル・エンバシー/Central Embassy
16_ナイラートパーク・ヘリテージホーム/Nai Lert Park Heritage Home
17_アリアンス・フランセ・バンコク/Alliance Francaise Bangkok
18_ワン・バンコク/ONE BANGKOK
19_ザ・エムクオーティエ/The EmQuartier
20_Theatre of Indulgence Gallery, By Lotus Arts de Vivre


【開催日程】
2018年10月19日〜2019年2月3日

【開館・展示時間】
毎日10:00-19:00/BAB公式サイトの情報

【アクセス/行き方】
BTSプルンチット駅から約600m。スクンビット通りからワイヤレス通りを北上し、イギリス大使館を過ぎてしばらく行った左側。

【入場料】
無料

【その他】
とも先生が訪問した日は絶賛工事中でしたw 作品には会えたけど詳細がとにかく不明。

【問い合わせ】
URL: http://www.bkkartbiennale.com/
E-Mail: : info@bkkartbiennale.com
TEL:
+66 02-785-5555(月〜金の9:00-17:00)