こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナの滞在を終えて、この日は東部にある軍港の街トリンコマリーへ移動します。

ジャフナからトリンコマリーへは距離にして約240km。直通バスが走っているのですが、状態の良くない道を状態の良くないバスで走るらしく…所要8-10時間にとも先生耐えられなさそう。


というわけで、ジャフナからバブニヤという街まで列車で移動し、バブニヤからトリンコマリーまでをバスで移動して身体への負担を少しでも軽くする作戦に出ましたw だって腰痛持ちなんだもの。
BlogPaint
↑まだ日も上らない明け方のジャフナ駅。ゲストハウスのオーナーがバイクで駅まで送ってくれました。

BlogPaint
↑一昨日買っておいた列車のチケット。ジャフナ早朝5:56発の特急列車インターシティでバブニヤという街へ向かいます。

ジャフナ発バブニヤ行きインターシティ2等車(450ルピー=約320円/予約手数料込み)

BlogPaint
↑駅は列車待ちの乗客でにぎやかー!今回も定刻通りに列車がやってきました、しゅごい!

BlogPaint
↑この列車には1等車の設定は無く2等と3等のみ。とも先生は2等車に乗りましたが、エアコン無しでもけっこう快適。

BlogPaint
↑ドアを開けたまま爆走するの、眺めはとてもいいけど日本ではあり得ないよねw

BlogPaint
↑インターシティは約140kmの距離を1時間半で走りバブニヤ駅に到着。ホームを出る時に列車のチケットが必要になるので途中で捨てちゃダメですよー。

BlogPaint
↑とっても小さなバブニヤ駅舎。駅前に何も無くてちょっと焦りましたが、流しのトゥクトゥクが頻繁に走っていたので日中は問題無いかも。

BlogPaint
↑トゥクトゥクに乗ってバブニヤのバスターミナルへ向かいます。

トゥクトゥク(150ルピー=約110円)

BlogPaint
↑10分ほどでバスターミナルに到着。意外と大きなターミナルでビックリ。

BlogPaint
↑ターミナル内にはお菓子や飲物を売る売店、有料トイレが有り〼。

BlogPaint
↑バスターミナルには行き先などの詳細案内が見当たらなかったのですが、各バスにバス番号と行き先が英語で書いてあるので助かるー!

BlogPaint
↑マンナール発バブニヤ経由トリンコマリー行きのバスは88/6番。チケットはバス車内で係員から購入します。

約100kmの道のりを走るのにバスチケット(155ルピー=約110円)は激安料金。

BlogPaint
↑車内にはエアコン無いし座席も狭いけど、ラッキーなことに隣りが空席だったのでゆったり気分で乗れたよw

BlogPaint
↑9:00にバブニヤを出発したバスは11:30にトリンコマリーのバスターミナルに到着しました。約2時間半のバス旅。

さて、これから2泊するトリンコマリーのゲストハウスへチェックインしまーす。