こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

特急列車インターシティ・エクスプレスにゆられコロンボから北へ400km、ジャフナという街に到着したとも先生は、さっそく予約してあるゲストハウスへ向かいます。暑い…。
コロンボからジャフナへ鉄道の旅
http://tomosensei.net/archives/1072242487.html
BlogPaint
↑各ホテルサイトの位置情報がめちゃくちゃでほんのり迷子になったとも先生ですが、なんとか探し当てましたw まず写真に写っている洋品店の看板に書いている住所がゲストハウスの住所とまったく同じだったんですよね。それでピンと来て脇道を入っていきました。

BlogPaint
↑こんな細い道をビクビクしながら奥へ奥へ…本当にここで合ってるかな…。

BlogPaint
↑突き当たりに民家があったので「あのう…ここゲストハウスですか?」と訊いたら大ピンポンwww

通り沿いにもどこにも看板を設置してないのなんで?!違法営業でもしてるの?!w

今回はAgodaで予約したのですが位置情報全然違っていました。合っていたのはBooking.comとGooglemap。

BlogPaint
↑迷子になってちょいと疲れたけどなんとかチェックイン。スリランカの宿はよほど高級なところでない限り民家ホームステイスタイルが多いよね、ここもそう。

BlogPaint
↑お部屋は狭いけど清潔で一人なら十分。ベッド、物干、写真では見えないけどテーブルがあります。

エアコンも新しくてキンキンに冷えました。暑いジャフナではエアコン付きの部屋に泊まらないとキツいと聞いていたので大正解。日中は外めちゃくちゃ暑いんだものっ!朝晩は涼しかったんだけどね。

BlogPaint
↑コンセントは3つ穴方式だったので変換プラグないとスマホ充電できないよ。数に限りはあるけどゲストハウスでも変換プラグを貸し出ししてくれます。

BlogPaint
↑バスルーム。シャワーは水だけでお湯は出ませんが暑い土地なので特にお湯は必要ありませんでした。全体的に清潔で値段を考えたら文句なし。

ただ、バスルームにはトイレットペーパーしかないので、シャンプーその他必要なものは持参しましょう。

BlogPaint
↑こちらは宿泊客共用のリビングルーム。写真右奥の冷蔵庫は宿泊客も自由に利用することができます。

BlogPaint
↑宿泊料金に含まれる朝食はスリランカスタイルとトースト&ジャムが選べます。

割れ米、米粉、ココナツを混ぜて筒状に固めて蒸した主食にカレーやらなんやらがあって、フルーツは熟れ熟れ完熟の美味しいパパイヤ。それにコーヒーか紅茶を淹れてくれます。

このスリランカ朝食がめためたにウマい!ちょっと辛いけどウマい!

その他…
・オーナーは普通に英語が通じていろいろ面倒見てくれる。
・お部屋の掃除は毎日してくれる。
・スクーターは1日(24時間)1,500ルピーでレンタル可能。
・ジャフナ駅まで約1kmなのでザックなら徒歩で余裕の距離。
・バスターミナルまで約300m。
・大きなスーパーマーケット(Cargills)まで約600m。

ジャフナ市内中心部で「エアコン&プライベートバスルーム付きの個室」を条件に探して最安値だったゲストハウスですが、立地もいいし結果的に大当たりでした。

コスト重視で!でもエアコンないと無理ー!って方にオススメです☆


名称: ゲット・イン/Get Inn
場所: 229-231 Power House Road, Chundikuli, Jaffna, Sri Lanka