とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

パキスタン生活2年、インドネシア生活6年を経て、2011年からタイのバンコクで先生をしながら生活しています。バンコクの日常や旅行のことなどをふんわりお伝えしていきますね☆

こんにちは、とも先生です。

ジャワ島旅行最初の滞在地マラン。スラバヤに次ぐ東ジャワ第二の都市だけど、こじんまりしていて落ち着いた雰囲気だなー。それほど標高は高くないはずだけどなんだか涼しいよ。

市内には特に目立った観光スポットはなさそうだけど、お散歩しながら古い街並をぶらぶら歩いてみました。

BlogPaint
↑マラン駅前から続く本通りは、植え込みや歩道やベンチが美しく整備されていてそれだけで気持ちいい。歩く人々もどこか穏やかな顔をしています。

BlogPaint
↑おそらく民家。広い芝生のお庭に平屋建ての古い建物があって、こんな家に住みたいよう!

BlogPaint
↑これもまた古いねえ。どうやら町内会館や市民文化センター的な場所みたいです。歴史あるコロニアル建築が未だ現役で利用されているのしゅごい。

BlogPaint
↑インドネシアの中でも、教会が街並にキレイに溶け込んでいる風景も珍しい。

BlogPaint
↑マランの伝統芸能芸術センター的な施設の前に立っていた像。伝統的な衣装なのかな。

BlogPaint
↑夜になると街中がライトアップされます。ここは中心部のマラン市庁舎。

そして日中より気温が下がり、暑がりのとも先生ですら何か羽織るものが欲しくなるレベルの涼しさ……ここインドネシアなんですけど!

BlogPaint
↑マラン駅前も明るくライトアップされて、みんな屋台でご飯食べたりお外でおしゃべりしていて楽しそう。

でも涼しい!長袖盛持ってきてねえよ!

BlogPaint
↑駅前にはでかいライオン像が。マランのマスコット?

マランは郊外のブロモ山観光等への拠点として機能しているので、市内に特にこれといった観光スポットはありませんが、古い街並をお散歩しながら愛でるにはとても楽しいところでした。

まあ、お好きな方向けですね!w

こんにちは、とも先生です。

ジャワ島旅行初日。マランに到着した日のディナーはせっかくだから土地の名物を食べたいし!ということでベチャ(インドネシアの三輪自転車タクシー)のおじさんに連れて行ってもらったのがここ「Bakso Bakar Pak Man」。直訳すると「マンおじさんの焼き肉団子♡」というなんかいろんな意味合いがありそうな店名ですが、ローカルな雰囲気で美味しくいただきました☆

BlogPaint
↑ベチャに乗って夜道を進むよー、ってすんごい住宅街の中を走ります。

BlogPaint
↑閑静な住宅街の中にポツリ灯る明かりがお目当てのお店。ローカル食堂的な感じでなんだか期待できそうだよ!

BlogPaint
↑夜に行く時はこの看板を目印にね!

BlogPaint
↑お店は通りに近いオープンエア席と店内席に別れていますが、店内席だからといってエアコンがあるわけでもなく、要するにどこに座っても「暑い」。

BlogPaint
↑ここはバクソというインドネシアの肉団子がメインのお店なので、頼むメニューもほぼ自動的に決まりますw おそらく店主のマンおじさんであろうおじさんが優しく注文を聞いてくれました。

BlogPaint
↑これはバクソ・バカール/Bakso Bakar(45,000ルピア=約380円/15個)。肉団子なんだけど、ここのは細かく挽いているのでどちらかというと「つみれ」だね。

バクソをこんがりグリルしてから激辛のタレでからめてあります。辛いのと辛くないのがあるらしいけど、他のお客さんはみんな辛いのを頼んでいたのでとも先生も右へ倣え。

でもこれがねえ!美味しいけどすっごく辛いの!!ビックリした!!!


BlogPaint
↑こちらは米麺の入った薄味スープに茹でたバクソと厚揚げを浮かべたもの/Mie Bakso Rebus(15,000ルピア=約130円)

実はこの麺は注文が独特で、自分で器に麺とスープと青ネギと揚げタマネギを好きなだけ盛ってそれは無料なの。具のバクソと厚揚げ(3,000ルピア=約25円/1個)分だけ払うの、面白いね。

見たまんまとても優しいお味で、激辛のバクソと一緒に注文して本当に良かったw


BlogPaint
↑店内には全メニューと値段が書いてある明朗会計店!英語は通じなさそうな感じだったけど、これだったら指差し注文もできるし簡単だよね。

マラン市内にはバクソを売りにするレストランや食堂が山のようにあったから、自分好みの一軒を探すのも楽しいかもね☆ってマランに次行くのいつだろうw



店名: Bakso Bakar Pak Man
場所:
電話:
営業: 9:00-21:00

こんにちは、とも先生です。

先月末、以前から興味のあったインドネシアのジャワ島中東部へ行ってきました。

日本のガイドブックでは省かれているかほんの少ししか情報が載っていないような街を巡り、オランダ植民地時代のコロニアル建築を堪能してきましたよ☆


今回は、ジャワ東部の高原都市マランにあるコロニアルホテル「スプレンディド・イン・ホテル/Splendid Inn Hotel」をご紹介します。

BlogPaint
↑ホテルはマラン駅から駅前通りを通って約400mという便利な立地。ただ、交通量の多い、一部歩道の無い道を通るので、大きな荷物の人は短距離でも駅からタクシーに乗ったほうがいいかも。

ちなみにとも先生は駅からチャッチャカ歩きました。

BlogPaint
↑ホテルの門をくぐると、オランダ植民地時代に建てられたと思しき古い建物が目に飛び込んできます。でもこの建物はホテルじゃないみたいw

BlogPaint
↑お隣のこの建物がホテルでした。敷地内は緑が多くてそれだけで居心地よさげー。

BlogPaint
↑ホテルロビー。入口にフロントがあり、奥にはレストランとバーとビリヤード台があります。スタッフの方はとても親切でニコニコ、こっちまでニコニコしちゃう。

BlogPaint
↑予約したお部屋はたしか一番安いカテゴリーのものだったのですが、とても日当りの良い本館奥の建物2階のお部屋へ案内してくれました。

もしかして、オランダ植民地時代のコロニアル建築は本館だけで、ここは1973年のオープン時に建てたものかな?古いけどどちらかというと昭和が薫る系。好きだけどね!


BlogPaint
↑古めかしい雰囲気が個人的にはどハマりで、下手したらずっとお部屋の中にいちゃいそうw 冷蔵庫はありませんがテレビとエアコンは有り〼。

BlogPaint
↑バスルームは……普段まともなホテルに泊まっている人からするとちょっと厳しいかもしれないなあ。とも先生は全然OKだけど。お湯はきちんと出ました。

BlogPaint
↑お部屋の写真をバチバチ撮っていたらドアをノックする音が。若いスタッフの子がお茶とお菓子を持って来てくれました。

インドネシアのコーヒーとシフォンケーキ、うれしいね。


BlogPaint
↑お部屋のベランダからは隣りのお部屋と中庭しか見えないけど、開放感はあるのでやっぱりベランダやテラスは必要だと思う。

BlogPaint
↑しばらく気付かなかったんだけどこのホテルには小さなプールもありました。

駅から近くどこへ行くにも便利な立地なので、コロニアル建築に興味の無い人でも節約派にオススメします。まあ設備は古いけどね、料金を考えたら十分だと思いますよ。

そうそう、ホテルの朝ご飯食べていないから写真無いけど、他のお客さんはナシ・ゴレン(インドネシアのチャーハン)を美味しそうに食べていたのできっと美味しいんだと思います!



↑このページのトップヘ