とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

パキスタン生活2年、インドネシア生活6年を経て、2011年からタイのバンコクで先生をしながら生活しています。バンコクの日常や旅行のことなどをふんわりお伝えしていきますね☆

<この記事は2015年4月時点の情報でふ>

コロンボから列車とバスを乗り継いでやって来た高原避暑地ヌワラエリヤ。ホテルにチェックインして街をぶらぶらし始めたら昼食をとっていないことに気付き、気付いた途端に猛烈に腹が減ってきたので目についた店に突撃。
DSC01284
ヌワラエリヤ中心部。レストランや土産物屋に市場やらバスターミナルやらが加わり避暑地だけどけっこう混沌。

DSC01299
グラシア・レストラン。店頭に料理写真と値段が書いてあると安心するな。

DSC01298
ご飯粒をバンバカ飛び散らせながらガコンガコンとフライパンを振るお兄ちゃん。

DSC01286
メニューは中華ありのスリランカありの、中心部のお店だからちと高めか。

DSC01297
無難にチキンビリヤニと中華焼きそばを注文。だが、だがこれがめっさ美味かった!別添えのチリペーストみたいんべっちょり付けて食べるとさらに美味し。あと水2本頼んで、お会計が1000円でお釣りくる感じだった。

DSC01289
 店内はひっきりなしにお客が出たり入ったり。人気店なのか?

nuwara
中心部のメインストリート沿いの、まあお店がなんや並んでいるうちの一軒。

Grashia Restaurant
No.30, Main Street, Nuwara Eliya, Sri Lanka 


人気ブログランキングへ

前回の一時帰国の際に日本から運んできたもの、それは

大豆(ソイ)プロテイン3kg!

もちろん、このトトロのようなゆるふわ体型を変えるべく、ジム行って筋トレしてその後に飲む用に買ったんだけどさ、ほとんど飲まNEEEEEEEEEE!!! 味が嫌いなわけではないんだが、プロテインを飲む習慣がないもんだからわかっていてもなかなか飲まないんだな、だから一向に減らない。

仕方がないので「大豆プロテイン=粉」と考えることにしてとりあえず焼いてみようww

<材料>*直径16cmくらいの1枚分
大豆プロテイン/30g
全卵/1個
水/70cc
オリーブオイル、ニンニク、マヨネ、ソースなんぞ
IMG_6728
プロテインと卵と水をよく混ぜて、ダマになりやすいから本当によく混ぜて、ニンニクオリーブオイルで両面をよーく焼く。分厚いと特に中まで火が通りにくいようなので薄く焼いたがいいな。

IMG_6729
で、マヨネだかソースだかかけて喰ったら…
自分的には全然オケ!外はカリッ中はふわっで美味い!ニンニク使ったから大豆の嫌な臭いもまったくなし!

IMG_6730
 糖質制限のためにわざわざ大豆粉を別買いしよかと思うてたけど、この大豆プロテインで十分じゃん。もちろんコスト的には大豆粉のほうが安いけどね。あとカロリーや糖質カットのソースなんか使えばさらにヘルシーじゃない?

最後に、大豆プロテイン、大豆粉、きな粉の違いがよくわからんかったので以下に

大豆プロテイン…大豆から脂肪分や炭水化物を取り除いたもの。
大豆粉…生の大豆を粉にしたもの。
きな粉…煎った大豆を粉にしたもの。

さあ、次は何作ろっかな〜。


人気ブログランキングへ

<この記事は2015年4月時点の情報でふ>

キャンディのバスターミナルからバスに揺られて
うねうねの山道を2時間半、到着した高原避暑地ヌワラエリヤは国内旅行者でごった返す軽井沢wみたいなとこだった。しかもバスターミナルに到着する直前に、乗ったバスが乗用車と衝突しやがってもうてんやわんやw 誰も怪我していないし面倒は嫌だったので、うちらは衝突後すぐにバスを降りキャリー転がしながらホテルへ向かう。うん、この街は涼しくてとても気持ちがよいぞ。

今夜のお宿はHotel Treveneゆうイギリス植民地時代の築150年ゆう建物を使ったコロニアルホテル。ヌワラエリヤには、こうゆうコロニアルなホテルがたくさんあるんだが、どれもかなりお値段が張るので一番リーズナブルなここにしたゆうわけ。 
DSC01281
ホテルの門。門柱にちっさく「Trevene」としか書いてないので注意。ここがホテルだなんてわかんねえよ!

DSC01280
緩やかな坂道を上って行くと家庭菜園的な看板。

DSC01271
ホテル入口。お好きな方はここで座りしょんべんするレベルに興奮すると思う。

DSC01272
では中へ。

DSC01270
チェックインまでに少し時間があったので、リビングに通されウエルカムドリンクの紅茶をすすり待機。

DSC01275
部屋。築年数はかなり経っているが中はキレイ。広さもちょうど良く静かで快適。

DSC01276
バスルーム。バスタブがある部屋もあるらしい。

DSC01277
ホテル入口のかわいい朝食ルーム。

DSC01342
朝食。アメリカンスリランカスタイル?パパイヤジュース、バナナ、好きな卵料理、パン、バター、ジャム、紅茶。

DSC01344
ホテル前にはちっさなイングリッシュガーデンもあり、天気が良ければ外茶可能。

trevene
ホテルのそばに似たような名前のホテルがあって地図もなんか場所が変なんだけど、正確な場所はこの地図の通り。

スリランカ正月と時期がかぶったので1泊8000円くらいしたが、それ以外の時期は5000円くらいで泊まれるみたいだぞ。立地も良いし、リーズナブルにコロニアルホテル泊まりたい人はぜひ。

Hotel Trevene Nuwara Eliya
http://www.hoteltrevenenuwaraeliya.com 


人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ