とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

パキスタン生活2年、インドネシア生活6年を経て、2011年からタイのバンコクで先生をしながら生活しています。バンコクの日常や旅行のことなどをふんわりお伝えしていきますね☆

こんにちは、とも先生です。

いきなりですがホアン・コルネラ/Joan Cornellaさんをご存知ですか。

昨年日本で初の個展を開いたスペイン・バルセロナ出身のイラストレーター/風刺漫画家で、ブラックなユーモアあふれる作品がSNSからブレイクし、今や世界中で人気を博しています。

そのホアン・コルネラのバンコクでの個展が、昨年に引き続き今年も開催されているので友人たちと行ってきました。

JOAN CORNELLÀ
"HAPPY ENDINGS"

会期: 2018年11月8日-12月3日
時間: 11:00-22:00
会場: WOOF PACK
入場料: 200バーツ

BlogPaint
↑実は先月、エカマイ通りを歩いていたら壁一面にホアン・コルネラの個展のポスターが貼られていてビックリ!

これは行くしかないでしょー!と思っていたら、仲良しの友人たちも行く予定だったらしく、みんなで一緒に行くことにw

BlogPaint
↑会場は、ビルがまるごとアートスペースやアート系オフィス、レストランになっている「WOOF PACK」。MRTルンピニ駅2番出口から約400m、徒歩5-7分。

BlogPaint
入場料(200バーツ=約690円)を払うとチケットとオリジナルステッカーをくれます。

BlogPaint
↑第一展示場は階段を上がって2F(建物3F)。白のシンプルなスペースに作品が展示されています。

BlogPaint
↑けっこう作品点数があるので現地でのお楽しみ♡

BlogPaint
↑こちらは有名な"Selfie"の立体作品。

BlogPaint
↑次は第二展示場へ。階段の途中にもいくつか作品が。

BlogPaint
↑第二展示場は5F(建物6F)。こちらも作品点数は多いのですがスペースは狭め。

BlogPaint
↑ここにも有名な"FREE HUGS"の立体作品が。

BlogPaint
↑オリジナルグッズのショップもあります。とも先生はここでTシャツとトートバッグをお買い上げ☆

BlogPaint
↑5F展示場脇にはルーフトップバーもあり、ここにも作品が展示されています。

夜22時まで鑑賞できるので仕事帰りでも余裕ですよ。12月3日までなのでぜひー!


名称: WOOF PACK
場所: 1/3-9 Sala Daeng 1 Alley, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Bangkok 10500、MRTルンピニ駅2番出口から約400m、徒歩5-7分。
電話: 089-8262299
営業: 10:00-24:00
URL: https://www.woofpackbangkok.com/

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

到着初日、ランチをしてからさあヤンゴン観光だ!と思っていたのですが、雨は降らずともあいにくのどんより曇り空…。
ヤンゴンのコロニアルなビルマ料理レストラン「Burma Bistro」
http://tomosensei.net/archives/1072867959.html
まあ明日も明後日も時間はたっぷりあるし、今日はまずお土産を探しにスーパーマーケットへ行ってみよう!ということでやって来たのは、市内中心部のスーレースクウェア地下にある「マーケット・プレイス/Market Place」。ヤンゴン市内を中心に28店舗を展開するスーパーです。
BlogPaint
↑写真左手の建物がスーレースクウェア。初めてのヤンゴンですが、高層建築が増えてきているとはいえバンコクに比べるとまだまだのどかな感じ。

BlogPaint
↑まだ新しいショッピングモールのようですが…なんだか人気がほとんどなくてテナント数も少なくて寂しいよう。

BlogPaint
↑というわけで早々に地下のスーパーマーケット「マーケット・プレイス/Market Place」へやってきました。現在、ヤンゴンで最も充実した内容のスーパーマーケットだそうです。

BlogPaint
↑店内は明るくとても清潔で、生鮮食品から輸入食品、生活用品まで品揃え豊富。とも先生は旅行者なのでお土産になりそうなものを探してみます。

BlogPaint
↑これは「モヒンガー」というナマズ出汁スープの麺料理キット。自宅でミャンマーの味が楽しめます。

BlogPaint
↑これは「ラペソー」というお茶っ葉の発酵食品。気になるね。

BlogPaint
↑ミャンマーはお茶も有名なのかな?緑茶の種類が豊富でした。

BlogPaint
↑ビールコーナーには、各種輸入ビールの他、ミャンマーのビールも種類豊富☆飲み比べてみるのもいいね。

BlogPaint
↑そしてとも先生が買ったものはこんな感じ。写真に写っているもの全部で800円くらいだったかな。

モヒンガーキット、揚げタマネギ、ミャンマーのインスタント麺、粉末海老、ケーキラスクなど、帰りの飛行機が手荷物だけなので軽いものを中心に。

ミャンマーのもので、うおおおお!これすっごく美味しそうっ!ってものは少なかったのですが、面白そうなものはけっこうありました。インスタント麺やお茶系はお土産にしてもよさそうだね☆


店名: マーケット・プレイス/Market Place
場所: 221A ဆူးလေဘုရားလမ်း, Yangon, スーレー・スクウェア地階。
電話: +95 1 925 5132
営業: 9:00-22:00
URL: http://www.citymart.com.mm/

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

で、初日なんとか無事にヤンゴン市内のゲストハウスにチェックインしたとも先生。
ヤンゴンのステキコロニアルなゲストハウス「501 Merchant B&B」
http://tomosensei.net/archives/1072867509.html
荷物を置いて身軽になったし、まずは観光の前にランチを!とやって来たのは、古いコロニアル建築を利用したビルマ料理レストラン「バーマ(ビルマ)・ビストロ/Burma Bistro」です。
BlogPaint
↑Googlemapを頼りにやって来たんだけど…ここいらへんのはずなんだけど。

BlogPaint
↑あったあったお店の看板!…でも…入口どこ?

BlogPaint
↑ん…?こんなボロい建物のボロい門が入口…?ウソでしょ?

BlogPaint
↑とりあえず建物の中に入ってみたけど…こんなボロい階段…一応上ってみるけどさ。

BlogPaint
↑あった!w 2階がお店になってる!w わかりにくいなここ!w

BlogPaint
↑ボロい入口とは打って変わって店内は明るくてオシャレ空間♡外国人のお客さん多し。

BlogPaint
↑メニューは一部写真入りで、英語表記&説明も書いてあるからどんな料理か想像しやすいよ。

BlogPaint
↑まずはミャンマー生ビールでグハー!

BlogPaint
↑こちら、伝統的なビルマ料理だというので頼んでみましたOhn Noh Khout Swe。ココナツミルクチキンスープに卵麺、揚げ物、練り物が添えられています。

お味は…なんか優しい味。美味しいけど辛くするか濃くするかして欲しいとも先生は関東舌。

BlogPaint
↑しっかしオシャレなお店だなあ。店員さんも愛想がよくて気持ちいいよ。

BlogPaint
↑せっかくなのでBB Delightというデザートもいただきます。これはお店のオリジナルかな?バナナを合わせたもち米の上にストロベリーアイスが乗っていて砕いたナッツが添えられています。

お味は…もち米が腹にたまる…苦しい…そして思ったより甘くないからもっと甘くして欲しい…。

BlogPaint
↑この日はとても暑かったのでエアコンの効いた店内で食事をしましたが、できたらテラス席を猛烈におすすめします!めっちゃ雰囲気いいね!

ビール2杯に食事とデザートでお会計(13,000チャット=約930円)。ビルマ料理にしたら高いのかもしれないけど、お店の雰囲気がとてもステキだったのでむしろ安いんじゃないかなと思いました!ぜひ!


店名: バーマ(ビルマ)・ビストロ/Burma Bistro
場所: No. 644, First Floor, Corner of Merchant Road & Shwe Bon Thar Road, Yangon
電話: +95 9 40118 3838
営業: 7:00-23:00(月-木)/7:00-24:00(金土日)
FB: https://web.facebook.com/theburmabistro/

↑このページのトップヘ