とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

パキスタン生活2年、インドネシア生活6年を経て、2011年からタイのバンコクで先生をしながら生活しています。バンコクの日常や旅行のことなどをふんわりお伝えしていきますね☆

<この記事は2015年1月の情報でふ>

こんにちは、とも先生です。

もう一年以上も前の話ですが、ベトナムのハノイから陸路で国境越えをして中国の雲南省へ。

今日は麗江郊外観光のハイライト、標高5596mの玉龍雪山に登っちゃいます!

(玉龍雪山ツアーについて)
麗江市内に佃煮のようにある旅行会社で簡単に申し込めますが、

・中国人向け中国語ツアーか外国人向け英語ツアーか
・玉龍雪山だけ観るのかほかにもいろいろ巡るのか
・各種入場料は含まれているのか含まれていないのか
・酸素ボンベや防寒着レンタル代込みなのか別なのか

などによって、300元代後半〜700元と料金にかなりの幅がありました。

で、自分はどうだったかというと、最初から日本円で1万円を上限に払うつもりだったので、ホテルの人に相談して詳細がほとんどわからないけどツアー代金600元を提示されたため値引き交渉もせず即決してまいました。
 
ただ、今回参加したツアーはメンバーにも恵まれ自分的には大当たりでした。
DSC00767
↑朝8時半、ホテルに迎えのミニバンが来たので乗り込み、近所のホテルをまわり参加者を拾いながら玉龍雪山へ出発〜!

今回のツアー参加者は5名。とも先生と中国人カップル2組。おいおいおひとりさま自分だけかよ!

中国語わかんないし筆談は時間かかるしどうしよう…と最初ドキドキしていたのですが、幸いなことに中国人カップル2組とも彼氏の方が英語ペラペラで、おかげでいろいろと助けられましたw

DSC00772
↑玉龍雪山へ向かう途中で写真停車!まだ到着していないのにもう満足しちゃうレベルの景色です。

DSC00773
↑観光地をむすぶ道路なのに意外と交通量少なくて、なんだかここ中国じゃなくてカナダかどっかの荒野みたいだ〜。空気が冷たくて気持ちいい!

DSC00777
↑中国人彼氏のほうがおひとりさまの自分に気を使ってくれて、向こうのほうから積極的に写真をバンバカ撮ってくれました。うれしいよう。

DSC00778
↑麗江市内を出発してなんだかんだ1時間ちょっとで玉龍雪山麓の駐車場へ到着。ここから専用バスに乗り換えてロープウェイ乗り場まで走ります。 

さあ、次はいよいよロープウェイに乗るよ〜。


<この記事は2015年1月の情報でふ>

こんにちは、とも先生です。

もう一年以上も前の話ですが、ベトナムのハノイから陸路で国境越えをして中国の雲南省へ。

世界遺産の麗江古城。きらびやかな夜の旧市街を歩いてみました。
DSC00747
↑古城内は日暮れとともに少しずつライトアップが始まり、それとともに観光客もホテルの部屋からわらわら出てきます。

DSC00749
↑昼間よりも夜の方が人通りが多いんじゃないか?通りの両端はほとんどすべて土産屋でした。

DSC00750
↑広場もキンキンキラキラ。こういうライトアップに賛否両論あるようですが、少なくとも自分はとても楽しかったですw

DSC00754
↑古城内を一望できる場所から夜景をパチリ。うん、思っていたほどではな…

DSC00751
↑実際に街歩きをしながら撮る写真の方が個人的には好みでした。みんな楽しそうに自撮りしていましたよ。

DSC00760
↑さて、麗江最後の夕飯ですが、街歩きに夢中になってかなり遅い時間になってしまったので、ホテル向かいの食堂みたいなところで「水煮肉片」という四川料理を食べました。

DSC00764
↑水煮肉片は、唐辛子と花椒をたっぷり入れた油汁で肉と野菜を煮込んだ料理で、赤邪悪汁の中から具だけをほじくり返していただきます。花椒の辛味で舌がビリビリするけど身体が温まります! 

追加の串焼きとおひつご飯とビールでお腹いっぱい! 

さあ、明日は玉龍雪山一日ツアーに参加してから夜のフライトで昆明行くぞ〜。 

<この記事は2015年1月の情報でふ>

こんにちは、とも先生です。

もう一年以上も前の話ですが、ベトナムのハノイから陸路で国境越えをして中国の雲南省へ。

世界遺産のある麗江。趣のある旧市街を散策するのも楽しいですが、観光客的にはお土産買いたいしミネラルウォーターも買いたいしコンビニ行きたいしで、新市街らしきエリアも少し散策してみました。
DSC00716
↑旧市街エリアからちょっと歩くともう近代的な普通の街があらわれる。

DSC00717
↑ただこの街のすごいところは街中から5596mの玉龍雪山が丸見えちゅうこと!どーんと!

DSC00743
↑街中にいわゆるコンビニ的なお店は見つけられませんでしたが、多くの土産物店やお菓子ジュース類を売る雑貨店、美味しそうな軽食を売る屋台がたくさんありました。

写真はのお店はアレです、日本の無印良品だかダイソーのアレ「メイソウ」…。

さあ、買い物済ませたらホテルで少し休憩して夜の旧市街を歩くよ〜。 

↑このページのトップヘ