とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

パキスタン生活2年、インドネシア生活6年を経て、2011年からタイのバンコクで先生をしながら生活しています。バンコクの日常や旅行のことなどをふんわりお伝えしていきますね☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
残念ながら2017年2月下旬ですでに閉店しました…。(2017年3月8日修正)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、とも先生です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<<2017年2月8日修正>>
現在、お店が移転してスクンビットソイ22のクロントイ消防署隣りで営業しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

友人が以前ランチで利用して美味しかったというアソークプロンポンのお店「ラサ・ハス/Rasa Khas」でディナーしてきました。

実はここ、バンコク市内唯一のインドネシア料理レストランなんです! オランダ系のバーやホテルのアジアンフェアなんかでインドネシア料理が食べられる場合もありますが、通年で店舗営業しているインドネシアンレストランはここだけだと思います(もし間違えていたら教えてくださいw)。

とも先生、バンコクへ来る前はインドネシアのバリ島に住んでいたので、バンコクに住んでいてもたまに無性にインドネシア料理が食べたくなるんですよね〜w

DSC04473
↑BTSアソーク駅からとろとろ歩いて10〜12分、MRTスクンビット駅からたらたら歩いて5〜7分。一軒家タイプのお店なので看板を見落とさないように〜!

DSC04472
↑ラサ・(カァ)ハスと読みます。「特別な味」という意味のお店です。

DSC04471
↑手前が駐車スペースになっているのでとても開放感のある一軒家タイプのお店です。

DSC04470
↑オープンエアのテーブル席があるので、涼しい夜は気持ちよいかも。

DSC04469
↑ただ、訪れた日はとても暑かったのでエアコンの効いた店内席へ〜w

DSC04460
↑まずはビールで乾杯〜!このお店はビール大瓶置いてません、小瓶だけ。ハイネケンビール小瓶(90バーツ)

DSC04461
ガド・ガド(140バーツ)。インドネシアの温野菜サラダ。ほうれん草、ジャガイモ、厚揚げ、テンペ(インドネシアの納豆食品)、ロントン(餅状に固めたご飯)にピーナツソースがかかっていて、クルプッというクラッカーが添えられています。

うん、美味しい、インドネシアで食べるのと遜色なし、ただ量が多い!


DSC04462
↑ガド・ガドはこのようにまぜまぜしてからいただきます。辛みが足りなければサンバルという唐辛子ベースの調味料を追加して〜。

DSC04464
ルンピア(90バーツ)。インドネシアの野菜入り揚げ春巻き。

うん、美味しい、インドネシアで食べるのと遜色なし、ただ量が多い!


DSC04465
サテ・アヤム(160バーツ)。インドネシア風焼き鳥。香ばしく焼いた鶏もも肉の焼き鳥にピーナツソースがかかっています。アチャールというインドネシアの酢漬け野菜と一緒にいただきます。

うん、美味しい、インドネシアで食べるのと遜色なし、ただ量が多い!


DSC04468
サンバル・テンペ(100バーツ)。前述のテンペをほぐしてサンバルというチリペーストで和えたもの。

と〜っても辛いけど美味しい、インドネシアで食べるのと遜色なし、ただ量が多い!


DSC04466
ナシ・アヤム・バカール・ブンブ・バリ(180バーツ)。バリ島独自のスパイスに漬け込んだ鶏肉を香ばしく焼いたものに揚げたテンペ、厚揚げ、野菜、ご飯がついたセット。と〜っても辛いけど美味しい、インドネシアで食べるのと遜色なし、ただ量が多い!
 
元インドネシア在住のとも先生的にこのお店は美味しいです、きちんと丁寧に作ってるし。ただ、こんな価格設定でやっていけるのか?と心配になってしまうほどの安さ。あとほとんどの料理の量が多い!値段そのままでもう少し量を減らしてくれればたくさん注文できるのにw トータルでは大満足ですた!

<<2017年2月8日修正>>
店名/ ラサ・ハス/Rasa Khas
場所/ スクンビット通りからソイ22へ入り約1km、クロントイ消防署隣り。
電話/ 02-1085437
営業/ 11:00-23:00(月休)

<この記事は2016年1月の情報でふ>

こんにちは、とも先生です。

お正月にたらふく飲み食いしたのでなんだか胃がお疲れ気味。お腹は空いたけどサラサラっと食べられるものを!ということで連れてきてもらったのが24時間営業のお粥屋さん興隆潮州糜・飯/Heng Long Teochew Porridge」
DSC04089
↑お店はアッパー・セラングーン通り沿い。MRTの場合はNE13線のKovan駅から約400m、徒歩5〜7分ってとこでしょうか。

DSC04100
↑店内には様々なおかずの入ったバットが所狭しと並べられていて壮観!どれにしようか迷っちゃうね〜!

DSC04095
↑まずはタイガービールで乾杯〜。ラベルも中国正月バージョンに変わっています。

DSC04104
↑さあ、テーブルの上が料理でいっぱいになりましたw では、いただきま〜!

DSC04106
↑なんだろう、海老を細かく叩いて調味料と合わせてふりかけ状にしたもの。これお粥にピッタリで美味しい!

DSC04105
↑ぶつ切りにした川魚を辛いスープで煮込んだような料理。川魚苦手なので食べてませんが、とても美味しかったそうな。

DSC04107
↑キャベツのスープ煮。とても優しい味で胃がほっこりしました。

DSC04109
↑茹でたイカ。プリプリのイカに辛めのタレを付けていただきました。

DSC04108
↑鶏唐揚げの甘酢和え。サクサクジューシーな唐揚げに甘酢がよく合ってサッパリいただけました。

DSC04110
↑蒸した魚の尻尾。上品な白身で優しい味付け。

24時間営業なので食べたい時にいつでも食べられるのが魅力!お粥に合う塩っぱい系おかずからサッパリ、ガッチリ系まで多くのおかずがあるので何度行っても飽きなさそう!


店名/ 興隆潮州糜・飯/Heng Long Teochew Porridge
場所/ 1006 Upper Serangoon Rd
営業/ 24時間営業

<この記事は2015年12月の情報でふ>

こんにちは、とも先生です。

年越しをするために訪れたシンガポール。過去に何回も来たことがあるシンガポールですが、実はまったく「観光」をしたことがなくって、マーライオン見たこともないしナイトサファリ行ったこともないし、実はかなりのおのぼりさんw

というわけで、今回友人と一緒にユニバーサル・スタジオ・シンガポールへ!いやあ初めての観光って感じでめっちゃ楽しかったです!で、中の飯屋
「メルズ・ドライブ・イン/Mel's Drive Inn」
DSC04063
↑実はユニバーサル・スタジオ自体が初めてなんです〜。よくUFJと間違えるんですけどねっ!

DSC04065
↑今日は雲行きが妖しくて雨が降りそうにも関わらず結構混雑。

DSC04088
↑アトラクション乗りまくる前に腹ごしらえせなーな、ゆうことで店へ。

DSC04068
↑店内はアメリカンダイナー調でなかなか良い雰囲気なんだけどとにかく激混み!空いていたらとてもよいと思います!チッ!

DSC04067
↑ダブル・チーズ・バーガーのセット+ポテトにチーズソースをかけてもらって計16シンガポールドル。まあ味はまあハンバーガーだ!ポテトのチーズソースが安臭くて美味しかったw

DSC04070
↑食べている途中で雨がザンザン降ってきてね、外のお客さんたちがどんどん店内に入ってきてね、もうねすごい混みようでね。
 

↑このページのトップヘ