とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

パキスタン生活2年、インドネシア生活6年を経て、2011年からタイのバンコクで先生をしながら生活しています。バンコクの日常や旅行のことなどをふんわりお伝えしていきますね☆

【お知らせ】
ここには絶対に書けない大人の事情がいろいろありまして、とも先生は2018年10月をもちましてここやサヌールを売却し経営から完全撤退しました。まさかこんなことになるだなんて思ってもいなかったし絶対に手放したくなかったけど、大人の事情なので仕方ないです…最終的にあきらめました💦 現在は他の方がオーナーになっているのでお問い合わせは新オーナーまでどうぞ🌟


こんにちは、とも先生です。


春休みのバリ島旅行。今夜はサヌールの居酒屋さん「ここや」で在住の友人たちと夕食です。いやゴメンナサイ夕食というよりは呑み会ですw

サヌールの居酒屋「ここや」でコスパばっちり39ランチ完食!
http://tomosensei.net/archives/1044113286.html

kokoya1
↑お店は、タンブリンガン通り沿いのオープンエア席と店内のエアコン座敷&カウンター席があります。店内は完全禁煙なので、喫煙者はエアコン我慢してオープン席でどうぞ。でもオープンエア席も風が通って気持ちいいですよ〜♪

DSC05928
↑まずはキムチ(18000ルピア)。お店で作ってます。

DSC05929
↑バリ島はお刺身も美味しいんですよ。マグロ(38000ルピア)サーモン(40000ルピア)銀ダラ(38000ルピア)。写真奥の銀ダラは「Butter fish」と呼ばれる深海魚で、脂たっぷりの濃厚な味わい。

DSC05930
ねぎ豚(28000ルピア)。炒めた豚バラ肉と長ネギに、サンバル・マタというフレッシュなインドネシア版サルサがかかっています。ピリ辛でお酒がすすむ〜♪

DSC05931
海老とアボカドのサラダ(値段確認忘れ)。アボカドが美味しくて安いインドネシアでは、アボカドを使ったメニューも豊富。ほかにもアボカドのお寿司やお刺身があります。

DSC05935
かき揚げうどん(48000ルピア)。こういうの食べるとなんだかホッとしますよね。うどんはおそばに変更も可能です。

DSC05936
お好み焼き(38000ルピア)。ちょこちょこつまむ酒のアテにも最適〜。

DSC05937
焼うどん(48000ルピア)。醤油焼うどんとソース焼うどんがありますが、ここのはソース派。お酒の後の〆をシェアするのにピッタリ。

昼はコスパ抜群のランチセット、午後はハッピーアワー、夜は100種類以上ある居酒屋メニューで一人呑みから家族での夕飯までいろんなスタイルに合わせて楽しめます。バリ島の日本食レストランにはあまりない鍋物のメニューもあるのでぜひ一度!



店名/ ここや・サヌール/KOKOYA Japanese Restaurant at Sanur
場所/ Jalan Danau Tamblingan No.178, Sanur ハーディススーパーから約400m、徒歩5-6分。
電話/ +62 361 289252
営業/ 11:00-23:30
*表記の値段には+16%の税金サービス料が加算されます。

こんにちは、とも先生です。

友人と行った春休みのバリ島旅行。いつものサヌールビーチに滞在しつつ、バリ島2回目という友人のリクエストでインドネシア料理のランチを食べに行きました。

サヌール在住時代からちょくちょく通っていた「ワルン・パラヒャンガン@サヌール/Warung Parahyangan@Sanur」です。

DSC05924
↑サヌールのメインストリートであるタンブリンガン通りから少し外れるのですが、サヌール中心部からそこまで離れているわけでもなく頑張れば徒歩も可能!小さなお店ですがタクシーの運ちゃんは大体知ってます。

DSC05919
↑店内はシンプルな内装で屋内席と半屋外席があります。ただどちらも風があまり通らないので暑いですw どうしても暑くてたまらない時は遠慮なく扇風機をつけてもらってくださいね。

DSC05921
↑まずはビンタンビール(大瓶32000ルピア)で乾杯〜♪

DSC05922
↑お腹が空いているのでじゃんじゃか食べますよ〜。写真右はサンパル・テンペ(8000ルピア)といって、インドネシアの大豆発酵食品を揚げてチリソースをかけたもの。写真左はガドガド(18000ルピア)といって、茹でた野菜や卵にピーナツソースをかけた温野菜サラダ。写真奥はサテ・アヤム(20000ルピア)というインドネシア版焼き鳥です、これにもピーナツソースをからめていただきます。

DSC05923
↑そしてこのお店のお気に入りがこれ、イカン・バカールという魚のBBQです(45000ルピア/魚のサイズによって値段変動)。辛くてスパイシーなペーストをたっぷり塗ってから焼いた魚は、ビールが止まらなくなってしまう美味しさ!

地元の雰囲気のインドネシア料理が食べたいけどあんまり汚いところはちょっと…という方にオススメです。



店名:ワルン・パラヒャンガン/Warung Parahyangan
場所:Jalan Sudamala No.14 ハーディススーパーから約1.8km、タクシーで10分以内。
電話:+62 361 8061540
営業:10:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

春休みにバンコクの友人とバリ島へ行ってきましたウフフ。

多少ボロくてもいいからw ビーチに近いチープなホテルを、ということで今回泊まったのがこちら。

ラガワ・ビーチ・イン・ホテル・サヌール/Laghawa Beach Inn Hotel Sanur
http://www.laghawa.com/

DSC05902
↑サヌールビーチのメインストリート、タンブリンガン通り沿いにホテルがあります。

DSC05910
↑築数十年の古いホテルですが、敷地内はゆったりとした緑豊かな造りで開放感があります。

DSC05896
↑一番お手頃なスタンダードルーム室内。一応ホテルなのでホテルとしての体裁は整っています。

DSC05897
↑部屋奥から入口を見たところ。そんなに広くはないけどスーツケースを広げる余裕はあります。ただ日中は写真の通り暗い〜。

DSC05899
↑バスルーム。写真左奥にシャワーがありました。バスルームって築年数があからさまに分かる場所だと思うのですが、ここもそうでかなりの経年を感じさせるものとなっておりますw

アジアの安宿〜中級ホテルに泊まり慣れている人には問題無し、それ以外の人は注意というか覚悟が必要かとw


DSC05900
↑テラス。左のドアから部屋へ入ります。バリ島のホテルに限りませんが、テラスから部屋へ入るスタイルのホテルって結構ありますよね。

ガッチリした椅子とガッチリしたテーブル、洗濯物干しもありました。


DSC05912
↑プールもまたかなりゆったりした造りでのんびりできそう。欧米人熟年夫婦客が一日中寛いでいました。

DSC05913
↑さてこのホテル、実はビーチに面しているわけではないのですが、ビーチへ続く私道があるんです。

敷地内からこんな細い道をずんずん進んでいくと…


DSC05914
↑すぐにサヌールビーチへ出ることができます。ビーチ沿いにもレストランが並んでいるので食事にも不自由しません。

DSC05905
↑こちらはホテルの朝食。インドネシアの炒飯(ナシ・ゴレン)に海老せんべい、パイナップルジュース、コーヒーといった内容で少々寂しいですが、宿泊料金を考えたらまあ許容範囲。

タンブリンガン通り沿いには朝から朝食メニューを出すレストランやカフェがたくさんあるので、そういったお店を利用するのも手ですよ。

古くてもいいから安くて立地の良いホテルに泊まりたい!そんな方にオススメのホテルです〜。


↑このページのトップヘ