とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

パキスタン生活2年、インドネシア生活6年を経て、2011年からタイのバンコクで先生をしながら生活しています。バンコクの日常や旅行のことなどをふんわりお伝えしていきますね☆

こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記インドネシア・アロール諸島&クパン編

*すべて2011年3月当時のお話ですので軽く流してください。


とも先生の旅先での楽しみのひとつ、それは「美術館・博物館巡り」。大阪の国立民族学博物館に大興奮するタイプのとも先生は、アジアの地方の小さな博物館が大好きなのです。

ここでは、インドネシアの東の果てにある2つの博物館をご紹介します。
BlogPaint
↑ここはクパン市内にある東ヌサ・トゥンガラ州地域博物館/NTT Regional Museum。予算が少ないのかなかなかに古く、でも敷地はゆったりしています。

BlogPaint
↑展示内容は東ヌサ・トゥンガラ州の歴史から始まって、各部族の生活道具や布などが展示されています。お好きな方にはたまらないよね。

BlogPaint
↑第二次大戦中は日本軍に占領されオーストラリア(ダーウィン)空襲の起点ともなった街だけに、当時の大砲や弾薬なども展示されてるよ。

BlogPaint
↑ここいらへんはクジラさんがたくさんいてるのでクジラさんの大きな骨格標本も。


名称: 東ヌサ・トゥンガラ州地域博物館/NTT Regional Museum
場所: Kayu Putih, Oebobo, Kota Kupang, Nusa Tenggara Tim
電話: 未確認
開館: 8:00-16:00(日曜休館)

BlogPaint
↑こちらはアロール島のカラバヒにあるカラバヒ博物館。

BlogPaint
↑クパンの博物館よりさらに小さく、個人所有の博物館だと言われてもはいそうですかと納得するレベル。でも一応カラバヒ町立の施設だそうです。

BlogPaint
↑ここもアロール島の伝統的な生活道具や民族衣装などが展示されています。

BlogPaint
↑そしてここには大日本帝国政府が発行した「軍票」がたくさん展示されていました。軍票ってアレね、戦争中に占領先で発行する紙幣のこと。

おそらく今後の人生で二度と訪れることのない博物館なので、マイナーではありますがここに記録として残しました。お好きな方はどうぞ行ってみてください☆


名称: カラバヒ博物館/Kalabahi Museum
場所: Nusa Kenari, Teluk Mutiara, Nusa Kenari, Alor, Kabupaten Alor, Nusa Tenggara Tim
電話: 未確認
開館: 8:00-15:00(土日曜休館)

こんにちは、とも先生です。

とも先生、ほとんどの買い物は週末にスーパーで済ませるタイプなのですが、それでもだいたい2日に1回は仕事帰りに自宅近所のコンビニに立ち寄りビールやらお菓子やらを買い込みます。

先日、コンビニのお粥コーナーの棚をふと見ていたら「トムヤンクン味のお粥」を発見。

日本でお粥っていうと体調を崩した時に食べるイメージがありますが、タイでは「ジョーク」と言って普通に屋台でも食べられるポピュラーな料理だし、お湯を注ぐだけで食べられるインスタントのお粥もコンビニで簡単に手に入ります。

でもー、えー、美味しいのかなあ…。

とりあえず2個買って(15バーツ=約50円/1個)お家で食べてみました。
BlogPaint
↑真ん中の赤いカップがトムヤンクン味のお粥。タイでお粥はとてもポピュラーな食べ物なので、各社からいろんな味のお粥が発売されているよ。

BlogPaint
↑トムヤンクンていうとこんな料理ですよね。海老が入っていて辛くて酸っぱくて美味しいスープ。

BlogPaint
↑1個当たりのカロリーは170kcal、意外と低いね。

BlogPaint
↑フタを開けると中には乾燥粥、トムヤンクンペースト、スプーンが入っています。

BlogPaint
↑スプーン以外をすべてカップに入れ、内側の線までお湯を入れて待つこと2分。ほんのりオレンジ色のお粥が出来上がりました。

ん。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

BlogPaint
↑インスタントだけど見た目があまりにもアレなんでとりあえず器に移して刻みネギとゴマを散らしてみたよ。

それでは実食。

うん!辛味は思ったよりも少なくそれよりも酸味が強い感じ!味が濃いめで喉にけっこうな刺激がクルから体調不良の時に食べるのはオススメしないけど意外と美味しい!

カップだからかさばるけど、とっても軽いので日本へのお土産にも面白いかもね!

こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記インドネシア・クパン編

*すべて2011年3月当時のお話ですので軽く流してください。


アロールからクパンに戻って来たとも先生は、空港からバイクタクシーを捕まえて早速ビーチ沿いのホテル「Maya Beach Hotel」へチェックイン。ビーチ沿いって言ってもリゾート感はゼロなんだけどねw
BlogPaint
↑海を臨むローケションばっちりのホテルなんだけど部屋の窓ガラスが割れてるwww

BlogPaint
↑2011年当時、クパンの街はまだ開発が進んでいないためかどこかのんびりとしていて、建物はどれも古く地味ではあるけどお散歩するのがとても楽しい街でした。

BlogPaint
↑ティモール島におけるオランダ植民地時代の中心都市であったことから、市内にはコロニアル建築がいくつか残っています。

BlogPaint
↑この建物もかなり古そうだけど未だ現役のお店として利用されています。

BlogPaint
↑海沿いのシリワンギ通り(Jl. Siliwangi)にも古い建物がたくさん。廃墟のままほったらかしのものもかなりあって、きちんと整備したら観光客呼べそうなのにね。とも先生的にはこのままがいいけど…。

BlogPaint
↑日没とともにナイトマーケットが始まるよ。シリワンギ通りは屋台とテーブルで埋め尽くされ活気が満ちあふれてきます。

BlogPaint
↑この日のディナーはLele Goreng(揚げナマズ定食)にJus Alpukat(アボカドジュース)。上品な白身のナマズにはサンバル(チリソース)をたっぷりつけて美味しくいただきました☆




↑このページのトップヘ